住まいの町医者
兵庫県の空き家補助制度(リフォーム、解体等)
@兵庫県の支援制度『空き家活用支援事業』

空き家・空き住戸を改修するなら工事費の一部を助成します!という制度。
しかし対象は兵庫県全土ではありません。省かれる地域がこちら↓
神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、明石市。
(但し姫路市の旧香寺町、安富町、夢前町、家島町は対象)
政令市、中核市は省かれるそうです。
市街化区域内においては、市町が補助を行う区域(ただし、姫路市の旧香寺町、加東市の旧滝野町、たつの市の旧新宮町・揖保川町・御津町の市街化区域は市町が補助を行わない場合も対象)です。

どんな空き家が対象になるのか?
・申請時点で6か月以上空き家
・築20年以上
・水廻りの設備のどこかが10年以上更新されておらず、機能回復が必要である。
・耐震性能を有する又は改修後において一定の耐震性を確保できる

申請者の条件
改修後10年以上、住居や事業所、地域交流拠点として活用しようとする者

どんな費用を補助してくれるのか?
『空き家の機能回復及び設備改善に係る工事に要する費用』

種別で補助額も違ってきます。

種別
@住宅型(一般タイプ):空き家を住宅として活用するもの。賃貸住宅の場合も対象
A住宅型(若年・子育てタイプ):夫婦の満年齢の合計が80歳未満又は高校卒業までの子がいる世帯が活用するもので、空き家を所有することが必要。
B事業所型:空き家を事業所として活用するもの。
C地域交流拠点型 :空き家を地域交流拠点として活用するもの。

補助額
市街化区域以外の区域の住宅型(工事費100万未満は対象外)
@住宅型(一般タイプ)
戸建住宅・・・補助金額の上限は、工事金額の1/3か100万円の低い方。
共同住宅・・・補助金額の上限は、工事金額の1/3か66.6万円の低い方。
A住宅型(若年・子育てタイプ)
戸建住宅・・・補助金額の上限は、工事金額の1/2か150万円の低い方。
共同住宅・・・補助金額の上限は、工事金額の1/2か100万円の低い方。

市街化区域以外の区域の事業所型及び地域交流拠点型(工事費150万未満は対象外)
B事業所型
戸建住宅・・・補助金額の上限は、工事金額の1/3か150万円の低い方。
共同住宅・・・補助金額の上限は、工事金額の1/3か116.6万円の低い方。
C地域交流拠点型
補助金額の上限は、工事金額の1/2か500万円の低い方。

尚、今年度の申請は令和元年12月27日が締め切り予定だそうです。


A姫路市の「空き家改修支援事業」
県の「空き家活用支援事業」はリフォーム後が事業所や一般住宅でも適応されるのに対し、姫路市の「空き家改修支援事業」はリフォーム後が「交流施設等」であることが条件になってきます。また、姫路市にも「老朽危険空き家対策補助金交付制度」、つまり解体の補助制度もあったのですが今年度は終了してしまったため除外しています。(2019年、9月時点)

B神戸市の「老朽空き家等解体補助事業」
昭和56年5月以前に着工された家屋を解体するとき、補助金が最大50 万円出ます。

C神戸市の「空き家再生等推進事業」
名前は違えど姫路市の「空き家改修支援事業」と似たようなもの。こちらも「交流施設等」にリフォームする際補助金が貰える。

兵庫県全体とイチロウ産業の事務所のある姫路市、神戸市の制度を簡単に紹介しました。
気になる方は各HPまでよろしくお願いいたします。

兵庫県「空き家活用支援事業」
https://web.pref.hyogo.lg.jp/ks26/machi-saisei/sato-akiya/sato-akiya.html

姫路市「空き家改修支援事業」
http://www.city.himeji.lg.jp/s70/2212632/_36840/_37776.html

神戸市「老朽空き家等解体補助事業」
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2019/04/20190424181301.html

神戸市「空き家再生等推進事業」
http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/house/information/akiyaakichi/akiyasaisei.html